池尻の日本酒専門店

昨日は池尻にある日本酒のお店に、Mさんと一緒に潜入調査に行ってきた。

photo

この店は一見さんお断りの親子二人で切り盛りしているお店。今回はなんとか知り合いと二人で潜入することに成功した。二人でやっていると聞いていたので小さいお店を想像していたのですが、こじんまりした入り口とは対照的に中はなんと50人近く入れる店でした。これを二人でやっているのはすごい。

金曜日ということもあり食べ物はお任せ。まず一杯目は獺祭のニゴリ。この店は日本酒しかおいていないのでビール代わりの一杯。にごりは甘いものとかもあるからすこし警戒していたけれど、確かにビールの代わりになるようなすっきりした味でうまい。今回は初めてということもあり、お酒もむこうのおすすめで頼もうと思い、その後はほぼ名があらお任せで頼みました。

2杯目、3杯目はフルーティーですっきりしたもの、とたのんだら福久長と蓬萊鶴が出てきた。どちらも広島のお酒でいまだ飲んだことがなかったやつ。どちらも確かにうまい。4敗目はフルーティーではないけれどすっきりしたの、と頼んだら私の好きな鶴齢が登場。

photo

5、6杯目は燗で頼んだのだけれど、5杯目の銘柄は忘れてしまい6杯目は〆張鶴でした。どの酒もおいしく切り盛りしているお兄さんも50人の相手をしているのにもかかわらず、こちらによく気づいて注文を取ってくれたのがよかったです。でも私たちは二人だったので、ほかの机出ててきている鍋がでてこず。お店のお母さんに今度はもっと大勢でおいでと言われました。確かに4人以上で行った方が楽しそうなお店です。

そうそう、このお店は水としてちゃんと一升瓶に瓶詰めされた酒蔵の仕込み水が出てくることが有名なのですが、この間は大信州の仕込み水が出てきました。私も一緒に行った人も、ちょうどここの酒をついこの間飲んでいたので感慨深かったです。水もうまいし。

日本酒好きの知り合いは、各業界一人くらいなのでまとめて何人か集めるのが難しいのですが、なんとかグループを作って今度も行こうと思います。


Leave a Reply