最近のワイン:コノスルスパークリング、ESTE Tinto2007, Lone Kauriシャルドネ

暖かくなったのでワイン率も先週・今週は上がってきた。一つ目はコノスルのスパークリング。近くのスーパーが何周年かで全品10%オフになっているのを狙って購入。一度飲んだことはあったがその時はいまいち。評判がよいので再度チャレンジしてみる。今回は前回ほどイマイチ感はなかったが、そこまで良いととも思わなかった。もちろんこれで今回1100円くらいだからコストパフォーマンスはいいのだが、あまり心に響かないのは自分の好みとあわないからだろうか。

IMG_0605.JPG もうひとつはESTE Tinto2007。オオゼキで購入。ラベルの馬?に惹かれた買った。案外悪くはなかったが、印象は薄い。そもそもスペインワインの全般的なイメージを自分が作れていないのでレファレンスがなくそれが問題かも。

IMG_0604.JPG

最後はニュージーランドのLONE KAURI 2007 シャルドネ。1200〜1300円くらい。ここのソーヴィニヨン・ブランはこの価格帯では好きで今回シャルドネにもチャレンジ。酸は強くなく、味はしっかりしており、包容力のあるというかそんなイメージのワイン。美味しいと思うが、自分の好みは酸とミネラル感のあるワインなので個人的にはいまいちであった。

IMG_0607.JPG

最後は今日下北のDIANAで飲んだイタリアビオ。写真に写っている両方共白だがより赤みがかかっているのはピノグリの白ですこし皮を漬け込んだらしい。ビオらしく優しいのみ心地で非常に気に入った。前にこの店に来たときはそこまでビオに力を入れている気はしていなかったのだが、最近変わったのだろうか?それとも気付かなかっただけ?食事も量は少ないがどれも安くて美味しいのでワインのお供にはぴったり。イタリア居酒屋風とされているがワインバーと思って2軒目に行くのもいい感じだと思う。

IMG_0602.JPG


Leave a Reply