最近の日本酒

酒関係久々の更新。一本目は「一本義」。伝心を作っている酒蔵のお酒。伝心よりももっと正統派な感じかな。伝心自体が旨いから、こちらももちろんうまい。勝手な印象ではこちらの方がもっとどっしりしていて、伝心の方が新しいテイストのお酒だと思う。

photo

もう一本メモ一本義。嫁がお中元用に買ってきたものがいろいろな事情で私のもとへ。違いはいまいち分かっていないのだが、こちらは無濾過ということか?

photo

私のお気に入り大信州の夏の純吟生酒。ちょうど暑い時期だったのでボトルの清涼感もあり、速攻購入。確かにすっきりとした夏向きのお酒だったが、なぜかどっしり感も残っていて不思議な感覚だった。もっと割りきって軽く行ってもいい気がする。

photo

近場の酒屋で見つけた出羽桜の吟醸桜花。これも生。いつも飲むのがかなりしっかりしたタイプだがこれはかなり軽くでも辛いというわけでもない。熱い時にはぴったり。

photo

菊姫の呑切原酒。純米無濾過。菊姫好きとしては飲まないわけ何はいかない。この時期なのでかなり荒々しいかと思ったが逆にふつうのものより個性が少し弱めな気がした。

photo最後は釧路は福司の北のむっしゅ。本醸造。かなり軽い。まあ旅の思い出なので。

釧路では福司以外も北海道系のお酒をいくつか飲んだが、福司が一番うまかったと思っている。

photo


Leave a Reply